知らないと損する 相続時に重要な“3カ月”と“10カ月”のデッドライン
画像を見る

「うちの子どもたちは仲がいいし、大した財産もないから、自分が死んでもその後、相続トラブルになることはない」と思い込んでいる親たちは多い。   ところが、家庭裁判所に持ち込まれる相続トラブルは、この20年で約1.5倍以上に増えて、近年の新受件数は1万4,000件強で推移。その約3分の1は「1,000万円以下」のケースという。   ...

出典元:

「女性自身」2021年11月2日号

【関連画像】

関連カテゴリー: