image

毎月2回お届けするこどもみらい探求社からのレポート。
うち1回は、「70㎝の目線」。
こどもたちにひとつの“ありふれたモノ”を渡していき、創造される「あそび」をお送りします!

もう1回は、「保育士起業家 まい&めぐの社会実験“こども×??”」
こどもたちの明るい未来のために、様々な分野とコラボレーションをしたレポートをご紹介。

今回は、“こども・大人×森”「大人とこどもの境界線をなくす!」です。

image

今回は、4月に開催した「鳥取県智頭町 学びと癒しの2日間ツアー」の様子をお届けします!

去年11月に開催した初回に続き、2回目の開催です。
13人と大人たちと5組の親子で智頭町へ行ってきました。

関東と関西から集まった参加者たちの自己紹介からスタート!

image

自己紹介の後は、森に移動して森林セラピー。
と、その前に、あつあつの天ぷらを森の中で揚げました!
大人たちはみんな、大興奮!

image

お腹がふくれたところで、いざ森林セラピーへ。
大人チームは森の中へ入ります。

image

森林セラピーとは、森の中に身を置きながら、リラクゼーションやライフスタイル指導などを受けるセラピーのこと。
(智頭町 森林セラピー http://www1.town.chizu.tottori.jp/therapy/

親子チームはわらびの取り方を教えてもらったり、摘んだ葉っぱでお茶を淹れて飲んだり。

image

森林セラピーの後、それぞれが「民泊」を提供してくださるご家庭へ移動し、1日目が終了。
一般家庭に泊めていただく「民泊」も、森林セラピーと並んで智頭町で推進している企画の1つ。
気軽に「田舎暮らし」を体験できると人気です。

2日目は、大人たちは智頭町役場の方たちから街の仕組みについてのレクチャーを。そのあいだ、こどもたちは森に囲まれた小学校でおおはしゃぎ!

image

森や木についてそれぞれの意見を出し合ったり、
見つけた鳥の真似をしてみたり。

最後には、大人たちも童心に戻って、大人もこどもも一緒に「だるまさんがころんだ」を。

image

image

大人とこどもの境界線がなくなった2日間。
自然には、大人をこどもに戻す力があるんだと改めて感じました。

ほうかご保育園の詳細・ご入園はこちら↓
http://kodomo-mirai-tankyu.com/houkago-hoikuen

こどもみらい探求社のHPはこちら↓
http://kodomo-mirai-tankyu.com/