話題のスポットに本誌記者が“おでかけ”し、その魅力を紹介するこの企画。今回は永遠のアイドル・郷ひろみのコンサートに行ってきました!

 

■「Hiromi Go Concert Tour 2018-Urban Velocity-UV」(九州公演、9月9日NHKホールなどを経て9月16日愛知県フォレストホールまで開催)

 

’80年代のディスコをイメージしたとあって、ステージ中央のミラーボールがキラキラ輝くなか、ピッカピカの白いスーツで颯爽と現れたひろみさま。「キャーッ」と大歓声があがり、すでに会場はアゲアゲムードです。

 

3曲歌い終わると「今日はおめかししてますね」とファンに向かって話しかけるひろみさま。ファンも「やだー!」と大喜びで一気にステージと客席との距離が縮まり、会場は巨大なホストクラブのような雰囲気に。

 

5月に発売されたディスコナンバー調の曲『恋はシュミシュミ』では、ひろみさまの指導のもと、みんなでおそろいの振付を踊ります。これが盆踊り感覚で超楽しい!

 

『なかったコトにして』では、イントロが流れると、会場のファンたちが一斉に扇子を振り始めてびっくり。その一体感たるや、まるでジュリアナのよう。懐かしきバブリーな時代を思い出してしまいました。

 

『言えないよ』などのバラード3部作ではしっとりウットリ酔いしれ、ノリノリ3部作(勝手に命名)『2億4千万の瞳』『お嫁サンバ』『GOLDFINGER’99』ではみんなで踊りまくり、気づいたら全身汗だく状態に。ストレスも発散できました。

 

ありがとう、ひろみさま☆ 更年期もこれで吹っ飛びます〜!