そんなこんなで使ってみました珠の肌パフ
絹だシルクだというのでなめらかテクスチャーでしょうと思いきや。
ささくれといえば指先と心に起きるものだと思いきや。

あるんです。
ささくれ。

いままで「うるおいたっぷり」系の洗顔料
「こんなんじゃ顔洗った気がしないや!」と思っていた皆様。

Uruoisengan   ピカピカっていうかテカテカ。

反対に、スクラブ入りの洗顔料
小鼻のまわりで流血の惨事を招いたことのある皆様。

Sukurabu   小鼻のアブラを取りきってやろうとした結果。

それは共に委員長のことなんですが、
そのどちらとも違う、きちんと拭き取られてるという感触。

洗い上がりの肌がキュッ[E:shine]とします。

ええ感じです。

小鼻まわりから出てくるあのポロポロありません

さらにそのあとの化粧水が染みこむ染みこむ

「化粧水はたっぷり使いましょう」


と言われたところでただ顔中がベチョベチョになるばかり、
挙げ句の果てにベッドでごろごろしている内に
枕が化粧水を吸収していたという経験はございませんか?

Hiaruron   我が家の枕はヒアルロン酸がたっぷりです。

それがですね、肌が吸い込むんです、化粧水を。
「たっぷり使え」が実践できるんです。

これは……あなどれない。かもしれない。

でも、そもそもシルクって肌にいいんでしょうか?
シルクじゃなきゃいけない理由ってあるんでしょうか。

農作物も生産者の顔が見える時代、
お肌に触れるものだって、作り手の顔が見たいっす!

というわけで、

そうだ、京都行こう!