’15年のタレント・赤井英和に始まり、最近では女優・佐藤仁美の美女ぶりが大きな話題に。そして最新CMでは、元DA PUMPのYUKINARIが劇的な変化を見せて、お茶の間をザワつかせている「ライザップ」。その陰で、リバウンド事情も同じく見過ごせない!

 

「一般の方のリバウンド率7%に対して、これまでCMにご出演いただいたタレントさんのリバウンド率が高いということは事実です」

 

劇的なビフォー→アフターのCMで世間の注目をあびるライザップだが、先日の株主総会で、瀬戸健社長がこう発言して話題になっている。たとえば、経済評論家の森永卓郎は、いちばんやせた2年半前よりも5キロ増。赤井英和も「5キロ戻った」と発言するなど、確かにリバウンドしているようだ。

 

そこで本誌は、このCMに登場した有名人のうち6人をピックアップ。ダイエットのプロである低糖質(ローカーボ)料理研究家の麻生れいみ先生と、フィットネストレーナーの郡勝比呂さんにリバウンドの評価をお願いした(◎たいへんよくできました、◯よくできました、△まあまあです、×がんばりましょう。年齢は現在の年齢です)。

 

■井上公造(61歳/身長176cm)

 

【体重の変化】75.5→68.5kg(3カ月で7.0kg減)
【注目ポイント】CM出演にあたり「目標は森永卓郎氏の成果には負けないことだった」と語った。その後もほぼ体形は維持か。
【麻生先生の評価◯】「61歳という年齢的に、がんばって維持されていると思う」
【郡さんの評価◯】「まじめで持続力のあるタイプ。太ったとイジられたくない意地を感じる」

 

■松村邦洋(51歳/身長164cm)

 

【体重の変化】110→80kg(8カ月で30kg減)
【注目ポイント】東京マラソンで心肺停止になった経験もあり、健康のためにダイエットを決意。8カ月をかけて体重30kg減に成功。
【麻生先生の評価△】「疾患がある場合、急激にやせるのは体に負担がかかりすぎるので注意を」
【郡さんの評価◯】「この体形は生半可な努力ではやせない。ライザップだからできたと感心」

 

■エド・はるみ(54歳/身長156cm)

 

【体重の変化】63.3→45.0kg(5カ月で18.3kg減)/体脂肪率:36.7→17.7%(19%減)
【注目ポイント】「トレーニングも食事管理も無理なく楽しく取り組むことができた」という彼女。最近はややふっくらした印象。
【麻生先生の評価◯】「更年期世代は太りやすくデリケートな年齢。ぜひ上手に維持して」
【郡さんの評価△】「とてもきれいにやせられたが、今後の食事管理にいちまつの不安も」

 

■石田えり(57歳/身長162cm)

 

【体重の変化】54.3→49.4kg(3カ月で4.9kg減)/体脂肪率:6.1減
【注目ポイント】「50代からもう一度青春したい」とCMでサーフィン姿を披露。ダイエット後には写真集も出版した。
【麻生先生の評価◎】「もともと標準体重内でしたが、年齢的にがんばられていると思う」
【郡さんの評価◯】「写真集を出すという目的が終わった後、維持できるかはなかなか不透明」

 

■梅沢富美男(67歳/身長170cm)

 

【体重の変化】75.4→62.5kg(5カ月で12.9kg減)
【注目ポイント】おなかまわりの肉づきから「舞台の大事な場面で体を反らせるしぐさにも限界を感じ」挑戦。持病の腰痛も改善した。
【麻生先生の評価◎】「やせてさらにパワフル(!)に若返ったのは、お見事。今後は健康第一で」
【郡さんの評価◎】「売れっ子スターの食事制限は過酷。67歳の意志の強さに敬服する」

 

■佐藤仁美(38歳/身長156cm)

 

【体重の変化】61.6→46.8kg(7カ月で14.8kg減)/ウエスト:24.5cm減
【注目ポイント】まるで別人と話題に。食事制限のあるなか「大好きなお酒はトレーナーに相談し、OKしてもらえたのが成功の秘訣」とか。
【麻生先生の評価◎】「更年期はやせにくいので、その直前の彼女はいい時期にやせたと思う」
【郡さんの評価◯】「おなかに脂肪がつきやすい体質と見えるので、油断すると戻る可能性も」

 

しかし、せっかくやせたのに、なぜCM出演した有名人はリバウンドしてしまうケースが多いのか。

 

「有名人は仕事上、糖質制限食をずっと続けるのには限界があります。ある程度、戻るのは仕方ないかなと思います」(麻生先生)

関連タグ: