“発酵コスメ”専門家語るその効果…発酵成分ごとに違い

ヨーグルトや甘酒、納豆、みそ……そして、本誌でも紹介して注目を集めた「発酵たまねぎ」「発酵しょうが」など、おいしいだけでなく健康効果もあると、ますます需要が高まっている発酵食品。加えて近ごろは“肌が食べる”として「発酵コスメ」を手に取る女性が増えている。

 

いったい肌にはどんなメリットがあるのだろうか。皮膚美容に詳しく、スキンケアブランド「アンプルール」でコメ発酵液によるコスメ開発にも携わった高瀬聡子先生に話をうかがった。

 

高瀬先生によると、発酵コスメのおもな利点は4つあるという。

 

「まず1つ目の利点は、肌のターンオーバーを促進してくれること。老化とは、紫外線による光老化も含め、新しい肌細胞をつくり出す力が落ちて代謝がにぶくなることがいちばんの原因ですが、発酵によって生まれた成分には、代謝を促す働きがあるのです。次に、肌をやわらかくしてくれること。たとえばヨーグルトや甘酒などの発酵食品が肉や魚をやわらかくする作用があるように、発酵成分にはタンパク質を分解する酵素が含まれています。肌の主成分はタンパク質ですから、発酵エキスが含まれるアイテムには、加齢で厚く硬くなった角質を分解する作用が期待できるのです。3つ目は、広い意味でのアンチエイジング。発酵の過程でビタミンやミネラルなど美肌を助ける栄養成分が生成されるので、肌の老化にあらがう力となります。そして4つ目は、肌に浸透しやすいこと。発酵によって分子が小さく分解されるので肌に浸透しやすく、3つ目までに挙げた効果がより発揮されるのです」

 

ところで、ひと口に発酵コスメといっても、その種類はさまざま。どれを選べばいいのか、迷ってしまうのも事実。

 

「おもなカテゴリーは4つ。野菜や果物の酵素、コメ発酵エキス、乳酸菌、酵母由来のものが挙げられます。その成り立ちによって期待できる効果に違いがあるので、まずはどんな発酵成分が含まれているかを確認し、自分が欲しい効果を考えたうえで選んでみてはいかがでしょう」

 

【果物・野菜酵素】

 

果物や野菜の発酵熟成からできる酵素には、多彩な美容成分が含まれている。健康的な美肌に欠かせないビタミンやミネラル、肌の水分バランスを整えるブドウ糖やアミノ酸、有機酸などで、もっともオールマイティといえる。

 

【コメ発酵】

 

おもに麹菌によって米を発酵させることから生まれるコメ発酵エキスには、NMF(天然保湿因子)の産生にかかわるアミノ酸が豊富で、潤い美肌へと近づく効果が期待できる。また、高い浸透力で成分を角質層へと届ける力もある。

 

【乳酸菌】

 

乳酸菌は弱酸性で、抗菌作用が強いことが特徴。発酵食品を食べることで善玉菌が増えて腸内環境が整うように、肌トラブルの原因になる悪玉菌を抑え、肌を整える効果が期待できる。また、外からの刺激から守る力にも優れている。

 

【酵母】

おもに麹菌によって麦や米などが糖やアミノ酸に分解された後、それをアルコールやみそにするのが酵母で、発酵に欠かせない存在。バランスよく含まれるビタミン、ミネラルやアミノ酸で、傷んだ肌を整える作用が期待できる。

 

「いずれにしても、1回使用したからといって、すぐに劇的な効果が表れるものではありません。毎日続けることが効果への近道です」

 

合うか合わないかは個人差もあるのだそう。1本選ぶならまず、成分が高濃度である「美容液」から試してみよう。

関連カテゴリー:
関連タグ: