寒さがこたえる2月。スイーツも温かいものがうれしい季節だ。人気の8店舗が集まったスイーツのテーマパーク、東京・目黒区の「自由が丘スイーツフォレスト」では、3月16日まで期間限定イベント“HOT!ほっとスイーツ2015”を開催中。そこで、体も心も温めるぽかぽかスイーツ10をご紹介!

 

まずは“ほっとスイーツ”イベントから。クレープ専門店『メルシークレープ」では《スパイシーチョコフォンデュ》920円が登場。モッチリしたクレープ生地やフルーツをホワイトチョコソースにつけて食べる。1日10皿限定。

 

いちごスイーツが得意な「ベリーベリー」からは《あまおうストロベリーグラタン》680円。オーブンとバーナーで焼き上げられ、いちごのうま味が存分に楽しめる。1日20皿限定。

 

ここからは、きっとこれから話題になる人気のホット洋スイーツをチェック。

 

日本で唯一のスフレ専門店「ル・スフレ」(東京・西麻布)の《フランソワーズのスフレ》1,080円。オーダーから15分ほどかけて焼き上げた生地に、フランソワーズソースを絡めていただくと、爽やかな酸味が口いっぱいに!

 

イスラエル発のチョコレートブランド店「MAX BRENNER CHOCOLATE BAR」(東京・広尾)の《マックスフェイバリットパーティプレート》3,000円。火で炙ってからチョコソースをつけて食べるマシュマロやいちごは美味〜!

 

ダイニングレストラン「KICHIRI茶屋町阪急駅前」(大阪・茶屋町)の《生キャラメルフォンダンショコラ》690円。ナイフを入れると生キャラメルソースがとろけだす。優しい甘味はバニラアイスと相性バツグン!

 

フレンチトースト専門店「Hug Frenchtoast cafe 梅田」の《クレームブリュレ窯出しフレンチパンケーキ~北海道生乳ソフトクリーム添え~》950円。見た目も豪快な“鉄板”パンケーキは生地を焼き、牛乳や卵などを混ぜ合わせたものにつけ込んでからさらに焼くので、とてもしっとり。上にはブリュレプリンが。

 

進化した和のホットスイーツも要チェック。

 

居心地のいい空間が評判のカフェ「アヂト」(東京・駒沢)の《揚げ饅頭白味噌善哉》800円。いんげん豆を牛乳で炊き、白みそと甘酒で上品な甘さのぜんざいに。3月半ばまでの期間限定メニュー。

 

祇園下河原にあるスイーツカフェ「ジュヴァンセル 祇園店」(京都・祇園)の《祇園フォンデュ》1,404円。宇治抹茶を使ったチョコソースにフルーツやお団子、パウンドケーキをつける京都ならではのメニュー。ありそうでなかった和風抹茶デザートだ。

 

美しい日本庭園を眺めながら絶品甘味が楽しめる「茶寮宝泉」(京都・左京区)の《丹波白小豆ぜんざい》1,050円。希少な丹波白小豆を使った上品な味わい。4月までの期間限定メニュー。

 

名古屋で380年の歴史を持つ老舗がプロデュースする「R style by両口屋是清」(東京・表参道)の《あみ焼きだんご》720円。白玉粉をたっぷり使ったもちもちの団子を自分で焼く楽しいメニュー。

 

ぽかぽかスイーツで、身も心もほっこりと……。

関連タグ: