image

 

「セブンーイレブンの『高菜混ぜ飯と明太子』のおにぎりは、専門店でも出せないような味。高菜のシャキシャキ感を残しつつ、明太子とのハーモニーが絶妙です。そしてファミリーマートのおむすびは、全体的に具材の味がしっかりしている。『炙り焼 ベーコンチーズおむすび』は、ドリアのような味で、女性好みだと思いますよ」

 

そう語るのは、19年間コンビニグルメを食べ尽くしている、コンビニ研究家・田矢信二さん。そこで田矢さんに、おにぎりやホットスナックなどの商品を、コンビニ別にランキング付けしてもらった。

 

■おにぎり


【セブンーイレブン】

1位「直巻おむすび 高菜混ぜ飯と明太子」

2位「大きなおむすび 和風ツナマヨネーズ」

3位「手巻おにぎり トロっとたまごのベーコンエッグ」

 

【ファミリーマート】

1位「具、たっぷり! チキン南蛮」

2位「炙り焼 ベーコンチーズおむすび」

3位「はらこめし(鮭いくら)」

 

【ローソン】

1位「新潟コシヒカリおにぎり 焼きさけハラミ」

2位「新潟コシヒカリおにぎり 炙り辛子明太子」

3位「チーズとトマトのパエリア風おにぎり」

 

【ミニストップ】

1位「手巻牛ステーキ」

2位「味むすび カリカリ梅ごはん」

3位「こく旨 鶏醤油マヨネーズ」

 

■ホットスナック

 

「ホットスナック」とは、レジ横に並ぶ、から揚げやフライなどのおかずのこと。小腹がすいたときの一品や、おつまみとしてだけではなく、主食として食卓に並べられるものも。

 

【セブンーイレブン】

1位「ビーフコロッケ」

2位「うま辛チキン」

3位「サクッとメンチ」

 

【ファミリーマート】

1位「ファミチキ」

2位「炭火焼とりふりそでタレ」

3位「チーズナゲット」

 

【ローソン】

1位「鶏から 柚子こしょう 4個」

2位「Lチキ 旨塩チキン」

3位「でか焼鳥 もも塩」

 

【ミニストップ】

1位「クランキーチキン辛旨味」

2位「エックスフライドポテト」

3位「チキン&チップス」

 

「セブンーイレブンの『ビーフコロッケ』は、うま味と値ごろ感がずば抜けています。ミニストップのホットスナックは、ハンバーガー店のような“ファストフード”を意識しているところに、他社との差が表れています」(田矢さん・以下同)

 

■その他

 

「その他」に挙げてもらったのは、それぞれの新しいプライベートブランド食品。

 

【セブンーイレブン】

1位「セブンカフェ ホットコーヒーR」

2位「シャキシャキレタスサンド」

3位「濃厚ホワイトソースのエビグラタン」

 

【ファミリーマート】

1位「バターコーヒー」

2位「全粒粉ボンレスハムとゴーダチーズ」

3位「カンロ バターコーヒーキャンディ」

 

【ローソン】

1位「素焼きくるみ」

2位「NL 豆乳スムージー フルーツミックス200g」

3位「ゼロ ノンシュガービスケット」

 

【ミニストップ】

1位「練乳いちごパフェ」

2位「たっぷり タルタルチキン南蛮」

3位「松屋監修 とんてき弁当」

 

「セブンーイレブンでは、’13年から展開している『入れたてコーヒー』をリニューアル。さらに濃く、おいしくなりました。セブン-イレブンの強みは、常にニーズを読み、業界の最前線にいること。『シャキシャキレタスサンド』も、野菜たっぷりのサンドイッチの先駆けとなったんです。そして、なんといってもセブンーイレブンはグラタンがおいしいんですよ!」

 

いまや食品コーナーの半分以上を占めるプライベートブランド商品。あなた好みの味もきっとあるはずなので、食べ比べてみよう。