「鏡に映った自分の後ろ姿を見たら、『膝の裏側や、ふくらはぎ辺りの血管がボコボコしていてビックリした』と言って来院される方が増えています。見た目の問題に加え、多くの方が、夕方になると“むくみ”や“だるさ”に悩んでいます。こうした症状をお持ちの方は“下肢静脈瘤”という病気かもしれません」

 

そう警鐘を鳴らすのは、お茶の水血管外科クリニック院長の広川雅之先生。下肢静脈瘤とは、足の静脈にある“弁”が壊れて、本来心臓に戻るはずの血液が逆流し、血管にたまることで、こぶのように膨らんでしまったり、血管がクモの巣状に皮膚にひろがって見えたりする病気のこと。

 

「下肢静脈瘤は、成人の2人に1人に見られるほど、多いものです。患者数は年齢とともに増加していって、50~69歳では約6割が、70歳以上で約7割が罹患しています。比較的重いタイプにかぎっても患者数は推定1,000万人。女性は男性の3倍なりやすいといわれています」(広川先生・以下同)

 

気になる人は次の「下肢静脈瘤チェックシート」を。その前に、まずはセルフチェック。1分以上立っていたあとに、足の付け根、太ももの内側、足首まわりを確認しよう。

 

【下肢静脈瘤をチェック】

 

□血管が浮き出てボコボコしている
□細かい血管がクモの巣状に透けて見える
□夕方になると、足のむくみやだるさ、疲れやすさが出てくる
□寝ているとき、よく足がつる
□足の皮膚がかゆかったり、硬くなっていたり、茶褐色に変色している

 

【予備群かも!? こんな人は要注意!】

 

□親族に下肢静脈瘤の人がいる/いた
□仕事などで、長時間立っている
□肥満気味だ
□便秘気味だ

 

長年、下肢静脈瘤の治療に携わってきた広川先生は、下肢静脈瘤についてこう話す。

 

「『こぶが破裂してしまうのでは』とか、『血栓ができて、脳梗塞になるんじゃないか』などと、心配している方がいますが、治療せずに放置していても、そのようなリスクはありません。というのも血管には、心臓から血液を全身に送り出す“動脈”と、全身を巡った血液を心臓に戻す“静脈”があり、脳梗塞や心筋梗塞の原因になるのは、動脈が詰まった場合だからです。命に関わったり、歩行困難になったりする病気ではありません」

関連タグ: