順天堂・小林弘幸教授語る残暑疲れ「疲れているときこそ動こう」
本誌連載「血流講座」でおなじみの順天堂大学医学部・小林弘幸教授

「酷暑が続く季節が過ぎた秋口には“残暑不調”で悩む人が増加。だるくてやる気が出ないからといって動かないで過ごしていたら、さらに体調が悪化してしまう。ひいては慢性疲労症候群や全身の不調を招きます」

 

そう語るのは『女性自身』連載「血流講座」でおなじみの、順天堂大学医学部の小林弘幸教授。新著『疲れたら動け!』(クロスメディア・パブリッシング)が話題になっている。ところで、残暑不調とは?

 

「酷暑、エアコンの効いた室内と室外の温度差、睡眠不足、冷たいものの飲みすぎなどは、自律神経を大きく乱します。そのダメージが体に蓄積し、だるさや疲れが取れなくなるといった不調が、残暑を迎えたあたりに出てくるのです」

 

残暑不調の症状でとくに目立つのが「慢性的な疲れが取れない」「だるくてやる気が出ない」だという。

 

「自律神経の乱れは血流を悪化させます。なんとなく疲れている感じが残り、動けなくなります。しかし、体を休ませると血流がさらに滞り、肩こりや冷え、むくみなどを招くのです。血流の悪化で全身の細胞に栄養や酸素が行き届かなくなります。胃腸の働きも悪くなったり、免疫力が落ちたりすることで、高血圧や糖尿病、心疾患や脳疾患など重篤な病気を招いてしまうのです」

 

疲れていたら休むのが基本だと思っていたが、なぜ動いたほうがいいのだろうか?

 

「体を動かすことで、自律神経のバランスが整い、血流も改善します。血流がよくなると、体内に蓄積された疲労物質や老廃物を取り除くスピードも上がる。さらに運動不足による筋肉の衰えを防ぐだけでなく、体を動かすことで心身ともにリフレッシュされてストレスも軽減。睡眠の質も向上するのです」

関連カテゴリー:
関連タグ: