血圧急上昇の予防に!医師勧める「グーパー体操」で血流改善
本誌の人気連載「血流講座」でおなじみの順天堂大学医学部教授・小林弘幸先生

「血圧が急激に上がる“早朝高血圧”は、脳卒中や心筋梗塞などの突然死のリスクを高めます。冬はとくに布団の中と外の寒暖差が大きいですし、自律神経の乱れなど、さまざまな要因が重なると、血圧が正常な人でも早朝高血圧になりやすいので要注意です」

 

こう語るのは、本誌の人気連載「血流講座」でおなじみの順天堂大学医学部の小林弘幸先生。誰でもどこでもできて、健康効果が高いエクササイズが満載の先生の新著『死ぬまでボケないグーパー体操』(光文社)が好評だ。

 

小林先生は、真冬の突然死を防ぐには、このグーパー体操が最高のエクササイズだと言う。

 

「朝の血圧の急上昇を防ぐには、血管のしなやかさを保つ必要があります。ギュッと握ってパッと開くグーパー体操をすることで、毛細血管が刺激され、収縮と弛緩が繰り返されます。体のすみずみまでポンプ機能が働き、血流がよくなることで血管が若返り、血圧が安定していくのです」

 

朝に行うのはなぜ?

 

「暖かい布団からいきなり起き上がり動きだすと、寒暖差で毛細血管が収縮します。また、朝から激しい運動をすると血圧が急上昇して脳卒中や心筋梗塞などを招きます。冬は布団の中で、軽い運動をして、血圧を安定させてから起き出すようにしましょう。また手のグーパーに加えて、足首を開いたり閉じたりする足のグーパーや、顔のグーパーを加えることで夜間に滞っていた全身の毛細血管を刺激できます」

 

さらに慌ただしい朝に日光を浴びたり、深い呼吸をしたりする時間を設けることも大切だ。

 

「朝日を浴びながらグーパー体操をすることで、自律神経のバランスが整い、幸せホルモン『セロトニン』が多く分泌されます。セロトニンは腸の働きをアップさせ、全身の血流を改善。深い呼吸は、自律神経のバランスを整え、血管をしなやかにします。朝、慌ただしい気持ちのまま出かけると、日中ずっと自律神経が乱れ、血圧の変動も大きくなります。出かける前に目を閉じて呼吸を意識する時間をつくると、血圧上昇を抑えることができるでしょう」

 

「女性自身」2020年2月4日号 掲載

 

たちまち増刷! 好評発売中
『寝たきりでもできる! 死ぬまでボケない 小林式グーパー体操』

著者:小林弘幸(順天堂大学医学部教授)
価格:1,200円(+税)
出版:光文社
https://www.amazon.co.jp/dp/4334951279/

関連カテゴリー: