感染症防ぐ“大人の予防接種”…幼少時の注射効果は薄れるおそれ
画像を見る

年齢を重ねるごとに減る抗体。風疹は2年から12年で予防接種の効果が下がるそう。子どものころに受けたからといって油断してると、思わぬ感染症にかかるかもしれないーー。   「風疹や百日咳は子どもの病気だと思っていませんか。実は大人もかかるんです。原因は小さいころに打ったワクチンの効果が薄れることにあります」   こう話すのは、医療...

【関連画像】

関連カテゴリー: