「関節のひっかかり」を取り除く 腰と膝の10秒関節リセット

新型コロナや猛暑を避けるため「巣ごもり生活」が長引くなか、腰痛や膝の痛み、肩こり(肩の痛み)に悩む人が増えている。

 

「マッサージなどを受けても、すぐに痛みがぶり返すという声をよく聞きます。そもそも痛みやこりはマッサージやストレッチでは治りません。痛みやこりは関節の“ひっかかり”から生じます。それを治すと症状が改善しますよ」

 

そうアドバイスするのは、「痛みの9割がたちまち消える 10秒関節リセット」(SBクリエイティブ)の著者で、フィジカルプロ治療院の羽原和則院長。数多くのアスリートの治療を手がけている羽原院長が注目しているのは「腰仙関節」のひっかかり。

 

腰仙関節とは、骨盤を構成する骨のひとつで、「第5腰椎」と「仙骨」の間にある関節で、小さいけれども動きが大きく、仙骨のいちばん上にあるため負荷がかかりやすいという。

 

「姿勢の悪さや生活習慣などが原因で関節がズレます。数ミリひっかかるだけで、骨膜を通って痛みが遠くに運ばれるため、体のあちこちに痛みが生じるのです。関節のなかのズレ、“ひっかかり”を治して関節が正しく動かせるようになりますと、痛みが和らいできます」(羽原院長・以下同)

 

そこで、羽原院長が考案したのが“10秒関節リセット”だ。

 

ポイントは痛みを感じるほどやらないこと。初めに、基本の腰仙関節を整える腰の状態をチェックしてから、「腰の痛み」を和らげるためのエクササイズを3回行う。再びチェックすると、関節の可動域が広がっているなどの変化が感じられ、ズレが解消されていくのがわかるという。

 

■腰の痛みのエクササイズ

 

骨盤は上半身の重みを受ける場所。骨盤の関節、その中でも腰仙関節は、姿勢や生活習慣によってかなり負荷がかかっている。左右に動かして、ニュートラルな状態に戻そう。

 

【1】あおむけに寝て両膝をそろえて立てる。
【2】そろえた両膝をゆっくりと右側に30度傾ける。胸のあたりで両腕をクロスさせたほうがやりやすい。
【3】左膝も同様に傾ける。
【4】【2】〜【3】を3回繰り返す。これで10秒。

 

■膝の痛みのエクササイズ

 

膝は腰と並んで痛みやすいところ。痛みのない範囲で、曲げたり伸ばしたりを繰り返すことで、ズレた関節の通り道を元に戻していこう。

 

【1】あおむけに寝る。
【2】右の足首の近くを両手で抱え込み、膝のほうに寄せて膝を曲げていく。
【3】ゆっくりと元の状態に戻し、左足も同様に行う。ゆっくりと元の状態に戻す。
【4】【2】〜【3】を3回繰り返す。これで10秒。

 

「『腰の痛み』のチェックのひとつは、前屈をして手の指先が床にどれだけ近づけられるか。体を後ろに反らしたときに、どこで痛みが出るのか確認します。次にエクササイズで関節を左右回転させながらひっかかりを解消していきます。『膝の痛み』も同様に、椅子に座った状態で片方の足首近くを持ち、膝を抱え込むようにして、どこまで曲げられるのかチェックしてからエクササイズをします」

 

しつこい関節の痛みとはオサラバしよう!

 

「女性自身」2020年9月22日 掲載

関連カテゴリー: