83歳“現役”看護師が伝授「吐く力」鍛える“肺トントン体操”
80代になったいまも現役で、看護専門学校の教壇に立ち続けている小池妙子さん 画像を見る

「自分で体操をやってきて、まず気づいたのは『風邪をひかなくなったな』ということでした。それに内臓の病気にも無縁に。元気に過ごすことができるのは、まず間違いなく、この体操のおかげだろうと、私は思っています」   こう話すのは看護師の小池妙子さん(83)。   30代で臨床現場を離れて以降、看護教育に携わってきた小池さんだが、60...

関連カテゴリー:
関連タグ: