「僕は、女性の美しさは『用美』にあると思うねん。これは工芸の世界で使われる言葉やねんけど、お茶碗も使ってこそ美しいという概念。女性も、ただ座っているんじゃなくて、所作の美しさがその人の美貌を際立たせるんやと思います。そういう意味でも、『ぴんしゃんウォーキング』はまさに用美の世界!続けていけば、100歳になっても美しく歩いていられること、請け合いや」

そう話すのは、楽しく歩いて美しくなる『デュークズウォーク』を確立し、ブームを巻き起こしたデューク更家さん。そんなデューク更家さんが今回、生涯ずっと”ぴん”と”しゃん”としていられるための、新作『ぴんしゃんウォーキング』を教えてくれた。颯爽と歩けば、見た目に美しいだけでなく、実際にスタイルもよくなるのだから一石二鳥!

【エアウォーク】体幹強化でバランス感覚を研ぎ澄まそう

①.ヒザを開いて立ち、内ももを両手でたたく。これで安定感UP!

②.左脚で立ち、右脚を前に蹴りあげる。

③.そのまま、右脚を後ろに蹴りあげる。椅子やテーブルなどになるべくつかまらないようにして、両脚3〜5往復。

④.両腕を開いて左足だけで立ち、右脚を左脚の前にスイングさせる。

⑤.反動をつけて、右外側に大きくスイング。

⑥.そのまま、今度は右脚を左脚の後ろにスイングさせる。こちらも、できるだけ物につかまらずに行い、両脚3〜5往復。

【ウエストスイングウォーキング】腰のキレが増す!大きい歩幅で身体がよみがえる

①.両足は肩幅ぐらいに開き、両手は軽くこぶしを握って立つ。

②.左脚を前に踏み出し、右脚を左脚の後ろにスイング。同時に右腕を大きく左に振る。

③.いったん元の姿勢に戻る。

④.今度は右脚を踏み出し、左脚を右脚の後ろに大きくスイング。同時に左腕も大きく右に振る。5歩ぐらい前進したら、後ろに5歩下がる。これを2セット。

【練り歩き】血流がバ〜ンとよくなって下半身強化

①.両手は軽くこぶしを握り、左脚のヒザを曲げて右脚だけで立つ。

②.右足のつま先を外側(右)に向け、同時に上半身を左にねじる。

③.つま先に重心を残し、今度はかかとを右に移動させる。同時に上半身は右にねじる。②〜③を繰り返し、右方向に4〜5歩移動する。脚を変えて、左方向にも4〜5歩。