リーマンショックなどを想像すると、リスクの大きい株に手を出すのはちょっと怖い。でも、アベノミクスがジワジワ効き始めているいま、私たちのへそくりを増やすチャンスかも!?

 

「好きな会社があれば、株主優待の内容で、株を探してみるのもいいですね」と語るのは、経済ジャーナリストの山口義正さん。

 

食品会社なら自社商品の詰め合わせ、レジャー施設なら利用券など、会社によって優待内容はさまざま。山口さんオススメの『ハニーズ』は、低価格のヤングファッションを扱っており、商品を割引価格で購入できる優待券がもらえる。

 

また、やはり高山さんのオススメである、女性株主獲得に力を入れているという『ポーラ・オルビス・ホールディングス』は、保有株式数と保有期間に応じたポイント数で、ポーラのブランド化粧品と交換できるという。

 

「女性は持ち株会社を応援したり、会社への情が湧きやすいため、株を長期保有する傾向があるんです。最近は多くの会社が、女性に向けたサービスに力を入れてきています」(高山さん)

 

株主優待の権利は、各社が設定する決算日に確定する。3月末、9月末に設定されていることが多いので、確認を忘れずに。