中国歴史小説『賢帝と逆臣と』(講談社文庫)や『劉裕 豪剣の皇帝』(講談社)などの著書を持つ歴史小説家・小前亮先生から、歴史好きのあなたに挑戦状!

 

“キャラ重視の人物事典”として話題の『世界史をつくった最強の300人』(小前亮・著/光文社知恵の森文庫)より、世界の偉人たちのアクの強いエピソードを厳選し、クイズ形式にワンフレーズで紹介します。

 

1行の問題文とヒントを頼りに、世界の偉人の名前を当てて下さい。10問中、あなたは何問正解できる?

 

《歴史小説家からの挑戦状 ~1行クイズ「この偉人、だ~れだ?」~》

 

【第1問】天上天下唯我独尊!
ヒント…王子として不自由ない生活を送っていたが、人の老・病・死を見て無常観にとらわれていたという。一子をもうけて義務を果たしたのち、二十九歳で出家し、思索を深めて仏教を開いた。……これって、残された妻子は救われたのか?

 

【第2問】「悪い妻を持てば、私のように哲学者になれる」
ヒント…古代ギリシャの哲学者。奥様は悪妻として有名だが、具体的なエピソードは口うるさいとか頭から水をかけたとかいう程度。夫妻には3人の子があったが、夫は貧乏暮らしのまま哲学問答を繰り返す日々で、最後は不当な裁判によって死刑を宣告され「悪法も法なり」と格好つけて刑を受け入れる始末。これで口うるさくならない妻などいない!?

 

【第3問】顔は平凡だけど、世界三大美女の一人
ヒント…古代エジプトの女王。三大美女のイメージとは異なり、同時代の評価や残された肖像によれば決して美人とはいえない。しかし、数カ国語を話し、機知に富んだ会話ができる知性と、みずからを贈り物として敵将の前に現れる行動力をかねそなえた、真に魅力的な女性であった。

 

【第4問】青森にも墓が
ヒント…ユダヤ教の宗教改革者。恵まれない人を味方につけて改革を訴えたため、体制派の反撃にあって処刑された。のちに弟子たちによってキリスト教の開祖に。そのおかげで誕生年をまちがえられたり、誕生日を勝手につくられたり、母親は神と浮気したことにされたり、日本に来て死んだことにされたり、と、いろいろと大変!?

 

【第5問】中国史上唯一の女帝
ヒント…美貌と権謀術数を駆使して唐の高宗の皇后となり、政治の実権を握ると、ついにはみずから即位して中国史上唯一の女帝となった。悪女と称される。しかし、高い政治力とバランス感覚の持ち主でもあり、すぐれた人物を登用し、国を富ませたのは確かである。

 

【第6問】大ぼら吹きのマルコ
ヒント…ヴェネチアの商人。元朝でクビライの側近として活躍し、当時の見聞を『東方見聞録』にまとめ、日本を「黄金の国」と紹介している。……が、『東方見聞録』の記述は正確なところとそうでないところの差が大きく、元側の史料には登場しない。もともと『東方見聞録』は、マルコがジェノヴァの捕虜になって投獄されていたときに、仲間に話したものである。そんなもの、体験や伝聞を適当につぎはぎして、話を大きくしたに決まっているではないか!

 

【第7問】「私はイギリスと結婚した」
ヒント…イングランドの女王。治世がイギリスの興隆期と重なるため名君のイメージが強い。性格は穏健で消極的、政治は専門家に任せることが多かった。それが結果的に社会の活力を最大限に生かすことにつながったのだろう。生涯独身を貫き「ヴァージン・クイーン」とも。

 

【第8問】「妻には二番目に良いベッドを」
ヒント…イングランドの劇作家。たくさんの作品が残っているにもかかわらず、その生涯については不明な点も多い。最大の謎は夫婦仲で、遺言で八歳上の妻に「二番目に良いベッド」だけを遺のこした。悪妻だからベッドだけ? それとも思い出のベッドを妻に? 後者ならロマンチックだが、真相はいかに。

 

【第9問】「人民の、人民による、人民のための」
ヒント…第16代アメリカ合衆国大統領。「奴隷解放宣言」はもともと、敵である南部諸州にのみ適用されるもので、戦略目的から出された法律だった。それを全土に波及させたのは、時代の潮流とアメリカ人民の意思である。……なんだ、彼の演説どおりじゃないか。

 

【第10問】クリミアの天使
ヒント…クリミア戦争での看護経験から、病院の衛生管理と看護教育の必要性を説き、統計学を用いた説得によって、改革を実現させた。真に賞賛すべきは、彼女自身の献身的努力や超人的仕事量ではなくて、それがなくても動くシステムをつくりあげたことである。

 

【答え】
第1問:ガウタマ・シッダールタ(お釈迦様)/第2問:ソクラテス/第3問:クレオパトラ七世/第4問:イエス/第5問:武則天/第6問:マルコ・ポーロ/第7問:エリザベス一世/第8問:シェークスピア/第9問:リンカーン/第10問:ナイチンゲール

 

その他、キャラの濃い偉人たち324人を解説した書籍『世界史をつくった最強の300人』(小前亮・著/光文社知恵の森文庫)は好評発売中。

 

本好きな人たちと繋がるサイト「本がすき。」では、『1行クイズ「この偉人だ~れだ?」』初級編、中級編、上級編を順次公開。歴史好きの方はぜひ挑戦を!

 

本好きな人たちと繋がるサイト「本がすき。」
https://honsuki.jp/

 

※この記事は『世界史をつくった最強の300人』より一部を抜粋して作成しました。

 

【書籍紹介】

『世界史をつくった最強の300人』
(小前亮/光文社・知恵の森文庫)
http://amzn.asia/d/2jQW8kQ

 

偉人たちは、世界史レベルでクセがすごい!! 人気歴史小説家が“キャラ重視”で選んだ、世界史がもっと好きになる最強の人物事典! クフ王からヒトラーまで、歴史に名を残した全324人の個性豊かでアクの強いエピソード&独特の業績を紹介。

関連タグ: