40歳を過ぎて年齢を重ねてくると、体重やウエスト回りが気になって、何を着ればいいかわからなくなるもの。

 

「50代を迎えて“おばちゃん体型”になるのは、人間として当然のことですから、自分を責める必要はありません。私はそれを“大人体型”と肯定的に呼んでいます。しかし、服の選び方や着方しだいで、5キロやせて見せることができるんです!」

 

そう断言するのは、服飾戦略スタイリストの窪田千紘さん。10月13日に著書『大人体型の「きれい」を引き出す着こなしの作戦』(講談社)が発売された。彼女が発信するブログは「ファッションの悩みが即解決した!」と絶賛され、著書は発売前の9月時点にして、Amazonの「本」カテゴリで1位を獲得。

 

「女性は40~46歳のとき、下半身より上半身のボリュームが目立つ体形になります。そして50代に入ると、おなかとバストがほぼ同じサイズになるケースも……。その体形をキレイに見せるのに大事になるのが、服の色や形。たとえば黒や紺は、ピンクと比べて小さく見える視覚効果があります。上下が分断していないロングカーディガンは、丈が長いほどスタイルをよく見せることができる。昔着ていた服をそのまま着るのではなく、自分がどう見られているのか、客観視することがやせ見えへの第一歩ですよ」

 

窪田さんが50代女性のための「5キロやせ見え」の法則を教えてくれた。

 

■首回りはVでスッキリさせる

 

「Vネックなどのデコルテが開いたトップスでないと『私たちおばちゃんはつらい!』んです(笑)。首が少しでもつまっていると、顔が大きく見えてしまいます。Vラインだと顔のくすみ、しわも飛んでいき、女性らしさもアップ。2~3年前まではVネックが一般的ではなく、探すのに苦労しましたが、今はすぐに手に入れることができます。50代におすすめするのは、Vの深いGAPのものですね!」

 

■視線を体からそらす作戦

 

「女性の体形は、年齢とともに重心が下に落ちていき、輪郭もぼやけていきます。そこで、視線を上に誘導し、体の輪郭からそらすことでやせ見えを狙いましょう。ヒョウ柄のようなインパクトの強いコーディネートは、かえって周囲の視線を体形に集めてしまいます。ポイントは、ストールやスカーフ、ネックレスで首回りにアクセントをもたせること。ストールなら、白と黒のチェックが使いやすいです。そのほか、帽子や眼鏡で顔まわりにインパクトを持ってくるのもアリ。洋服はシンプルにして、アクセントが目立つようにしましょう」

 

■流行は「2割だけ」取り入れる

 

「若いころに買った服で、当時はやっていた着方をしてしまう人、多いですよね。バブル時代のものは縫製もよく捨てられない人も多い……。それを着こなすには、『今』を取り入れるコーディネートが大事。今年は人気のエコファーも取り入れたいところです。でも、50代は全身を流行に合わせず、『流行は2割』を意識しましょう。ポケットや首回り、アクセや小物などアクセントにとどめると、かわいさと上品さが出て、“美マダム”になれますよ」

 

さっそく、明日からのコーデに“やせ見えの法則”を取り入れてみよう!