「原作を読んだときは胸が熱くなりました。猫にこんなにも人間の心がわかるなら、きっとふだん私が接している子たちも、いろいろ考えているんだろうな、って。でも、その半面、猫と人間が会話する密な関係性を実写化できるんだろうか、という不安もありました」

 

こう語るのは、映画『旅猫リポート』(10月26日公開/企画・配給:松竹)で、福士蒼汰(25)扮する悟の飼い猫・ナナのトレーナーを務めた「ZOO動物プロ」の北村まゆみさん。これまで数々の映画やドラマで、猫のキャスティングやトレーナーを担当してきた“猫使いのプロ”だ。

 

本作は、ある事情からナナと一緒に暮らせなくなった悟が、新たな飼い主を探すため、ナナを連れてクルマで旅に出るというストーリー。悟とナナの“会話”が見どころのひとつ。

 

「ナナのキャスティングが決まってから、福士蒼汰さんとの相性が心配でしたが、ぴったりでした。福士さんは、猫を飼ったことはないそうですが、猫は、福士さんみたいにやわらかな雰囲気の方が大好きなんです。だから、初顔合わせの時から“人間よりちょっと猫のほうが上”っていう、映画の悟とナナの関係性ができあがっていましたね(笑)」(北村さん・以下同)

 

撮影にあたって、北村さんは、福士に、こんなアドバイスをしたという。

 

「猫は、聞いてなさそうでも、ちゃんと聞いているから、『こうしてほしい、ああしてほしい』ということを話すとわかるんですよ。福士さんにも、基本は『話しかけてください』と、お伝えしました。車中のシーンが多かったので、カメラが回り始めると、私は中に入れません。だから福士さんに、ナナの好きなおやつやおもちゃで、ご機嫌をとりながら撮影に臨んでもらいました」

 

撮影中には、猫ならではのこんなハプニングもあった。

 

「福士さんが、『ナナが嫌がることはしたくないです』と心配されていたので、『大丈夫ですよ、猫は嫌なことは嫌だと主張しますから』と言っていたら、ナナは本当に、現場で福士さんに猫パンチしてしまって……(笑)。ナナは、じっとしていることや拘束されることが苦手だから、何テークも重ねていると飽きてきて、猫パンチするんです。もう本当に申し訳なくて……。でも、福士さんは穏やかな方だから、猫パンチされても一日の撮影が終わると、『かわいいな~』って言ってくださる。そういう愛情がナナにも伝わって、この映画のあたたかい雰囲気に表れていると思います。猫と人間の間に共通言語はないけど、ハートは伝わるんです。それが、この映画のテーマでもありますからね」