山形の田んぼにポツンと…入居者語る“日本一安いタワマン”の意外な利点
山形の田んぼの中に突然現れる41階建てタワーマンション(写真:住民提供) 画像を見る

コロナ禍によってリモートワークが導入されるなど、大きく変化した働き方。山村の自然に囲まれた一軒家で、土いじりをしながらゆったりと暮らす――。そんな地方への移住を想像したことがある人も多いのではないだろうか?

 

そうした田舎暮らしのイメージと逆行するのが、山形県上山市の田んぼの中にそびえたつタワーマンション「スカイタワー41」だ。珍しい光景が話題となり“日本一安いタワーマンション”と呼ばれ、ネット上でしばしば話題になっている。

 

千葉県佐倉市の「ユーカリが丘」開発で知られる不動産デベロッパー・山万の関連会社、山万アーバンフロント(’14年に破産)が開発し、’99年に完成したこのタワマン。41階建て全389戸の分譲マンションで、高さは東北一の134メートル、最寄り駅の山形新幹線かみのやま温泉駅までは徒歩30分ほどだ。物件はすべてファミリー向け(70~110平方メートル)で、完成当初は2~4,000万円で売り出したという。住宅情報サイトに掲載されている、直近10年の参考価格は750~1,250万円ほど。現在のところ、インターネット上で売りに出ている部屋はない。

 

しかし、同地区では同じだけの金額を出せば中古の一軒家を買うこともできる。なぜわざわざ田舎でタワマンに住むのだろうか……? そこで、スカイタワー41の上層階の住民に話をきいてみた。

 

次ページ >マンションに住むことで“あるもの”の節約に

出典元:

WEB女性自身

【関連画像】

関連カテゴリー: