離婚に強い弁護士に教わる「夫の不倫でしっかり慰謝料とる方法」

投稿日: 2016年07月15日 06:00 JST

image

夫の不倫に心を傷つけられた妻たち。それでも「離婚はしない」「今後も夫を支える」と決断した妻たちは多い。夫が不倫したら、あなたはどういう選択をしますか?

 

不倫されたことによって受けた“精神的苦痛”を踏まえて、夫や不倫相手に請求できるのが「慰謝料」だ。離婚問題に詳しいアディーレ法律事務所・篠田恵里香弁護士(東京弁護士会所属)は、夫の不倫が原因で離婚するケースについてこう語る。

 

「平均的な子どもがいる40代主婦をモデルにした場合、離婚の際の慰謝料は200万〜300万円程度が相場といえます。しかし、離婚に至るまでの過程のひとつひとつが慰謝料を決定する判断材料になりますので、少しのことで慰謝料の額が上下してしまいます」

 

夫や不倫相手からガッツリと慰謝料をとりたい場合、自分にとって有利になる“判断材料”や証拠を少しでも多く集めるべきだという。

 

「写真やメール、SNSでの相手との会話などの証拠は、多ければ多いほど慰謝料の決定に有利です。また、不倫発覚後、『夫の対応が誠実か不誠実か』も大きな判断材料になります。夫に逆ギレされた場合、証拠があれば不誠実さも主張しやすいので、夫婦ゲンカの内容を、録音するか日記につけるクセをつけましょう」

 

だが、“慰謝料がとれないケース”も。

 

「不倫は、“円満に夫婦生活を継続する権利”を侵害する不法行為です。したがって、夫婦関係がもともと破綻していた場合、夫から慰謝料はとれません。破綻の有無の判断には、『別居しているか、していないか』が大事です。別居していると、夫婦関係は破綻していた、と判断されやすいです」

 

また、不倫相手からとれないケースに関しては。

 

「『既婚者であること』を不倫相手が過失なく知らなかった場合、相手に対して慰謝料を請求することはできません。夫が不倫相手を『自分は独身である』とことごとくだましている場合、不倫相手に過失がないと判断されてしまうと慰謝料請求が難しいです」

 

“離婚して慰謝料請求する”決断は、子供や今後の生活を考えると、難しい問題でもある。

 

「不倫が火遊び程度で、本当に改心が見込めるのであれば、離婚を回避して夫婦円満の道を模索するのも選択肢のひとつ。その場合は、不倫相手からしっかり慰謝料を支払ってもらいましょう」

【関連記事】

してもされても行きつく先は地獄…最新「不倫の慰謝料事情」

「夫公認の不倫は合意を書面で残すのが正解」と専門家
女性週刊誌に見る“不倫記事” 最多出場はあの色男

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

スヒョン入隊前の心境を吐露!U-KISSみんなで乗り越える新曲2017.10.17

U-KISSが14枚目のシングル『FLY』をリリース! 4月にケビンが卒業して以降、5人体制で挑むはじめてのシングルは苦しいことを乗り越えて前に進もうというメッセージが込められている。楽曲、そしてリ...


ランキング