ご飯代わりにビール中瓶1本!2週間で−1.5kgのビールダイエット

ビールが美味しい季節……冷えたビールをグイグイっと飲んでヤセられたら……そんな夢のような話があるという! 医学博士・村上一裕先生はこう語る。

 

「アルコールは“空のカロリー”と呼ばれていて、ビールだと体内に蓄積されるのは糖質や原材料分のわずかなカロリーだけ。11食、ご飯やパスタをビールに代えれば、かなりのカロリー制限をすることができます。ビールは炭酸の刺激で満腹感も得られ、ほろ酔い気分でそのまま寝てしまえば、食べ過ぎも防げます。

1カ月に2,3kgも実現可です」

 

本誌30代記者も早速実践!

朝昼は普通に食事を摂り、夕飯はご飯の代わりにビールで晩酌。でもついつい缶ビール(350ml)を3本も……ちょっと飲み過ぎ!?

 

「アルコールの適量は個人差がありますが、一般的にビールなら中瓶1本と言われています。お酒の強い人は多少増えてもいいでしょう。おつまみには、良質のたんぱく質を含む豆腐や枝豆、小魚などがオススメ。ビタミン・ミネラルの確保には、ドライフルーツやピーナツなどのナッツ類を。アルコール解毒用のタウリン補給にはホタテやイカがオススメです。ビールは利尿作用があるので、水分補給も忘れずに。週に2回は休肝日を設けてくださいね」

 

記者は「ビール置き換え食」に加え、村上先生のアドバイスでウォーキングもプラス。

 

「ビールダイエットは中性脂肪が増える傾向があるので、運動は必須。でも激しい運動は食欲増進してリバウンドを招きます。クーラーの効いたデパートで、ウィンドウショッピングがてらに階段を昇り降りするだけでもいいですよ」こうして、ダイエット開始から2週間が経過。恐る恐る体重計に乗ると、なんと1.5kgの減量に成功!

 

この夏は、冷え冷えビールの楽ちんダイエットで理想のボディをゲットすべし。

 

 

 

関連タグ: