クオリティの高さで人気のホテルの食べ放題。最近は、普段は食べられない高級食材を使ったメニューも多く、しかも値段以上のお得感もあって話題になっている。

 

しかし、食べ放題で心配なのが太ってしまうこと。そこで、ブッフェに少なくとも週2〜3回以上は通っていてもスリムな体型を維持している、ブッフェ評論家でグルメジャーナリストの東龍さんに太らない食べ方のコツを聞いた。

 

「ランチブッフェに行くからと朝食を食べない人がいますが、いきなりいっぱい食べると血糖値が急上昇して太る原因に。朝は軽めの食事で、ブッフェではお皿に少しずつ盛って、こまめにおかわりをし、制限時間いっぱい、のんびり食べることが血糖値を急上昇させないコツ。また高級ブッフェでよくあるお寿司は、太りやすい炭水化物なので吟味するのもポイントです」

 

また東龍さんは、たくさんあるホテルブッフェの中から、おいしくてお値打ちのブッフェを選ぶポイントを次のように話す。

 

「ブッフェ台が店外から見えるところは、内容に自信がある証拠。店側によい緊張感を与えてくれるから。ブッフェの内容は、いかに違う種類の食材が使われ、異なる調理方法が用いられているかで、手間暇がかかっているかがわかります。実演を行っているかどうかも大事。見た目に楽しいだけではなく、出来立てなのでよりおいしい。人件費もかかっているため、他の料理よりも単価が高く、お得なのです」

 

“食欲の飽きが来ない”ホテルブッフェで、お腹も心も満たそう!