image

「この数年でダイエットにおいて血糖値が注目され、糖質制限がメジャーなダイエット法になりました。同時に、太りにくいとされる食べ物も大きく変わりましたが、まだ知らない人が意外と多いんです」

 

そう話すのは、オールアバウトの公式ダイエットガイドで、年間500人のダイエット指導を行うダイエット指導者の土井千春さん。土井さんによると、ダイエット中は「カロリーの低いもの」を基準に食事を選びがちだが、必ずしもそれが正解とは限らないという。「良かれと思って食べていたものが、じつは太りやすい食べ物だった」ということもあるそう。

 

そこで、すでに一般的となった糖質制限ダイエットをベースに、土井さんが間違いだらけのダイエットの常識を再検証!あなたが太らないと思うのはどっち⁉

 

【しゃぶしゃぶvs.焼肉】

さっぱりしてヘルシーなイメージのしゃぶしゃぶだが、じつはゆでても10〜20%ほどしか脂が落とせないという。

「それにくらべ、網の上で肉を焼く場合、30%近くの脂を落とせるんです。焼き肉は太りやすいと思っている人が多いようですが、赤身肉には脂肪燃焼効果があるため、ダイエット中の人にはむしろおススメ。ただし、焼き肉のたれは糖質もカロリーも高いので、ポン酢やレモンで代用を」正解:焼き肉

 

【白米vs.チャーハン】

「油には糖質の吸収を抑え、血糖値の上昇をゆるやかにする作用があります。なので、糖質である米を油で覆っているチャーハンは、意外にも同じ量の白米を食べるより太りにくいメニューです」正解:チャーハン

 

【醤油ラーメンvs.とんこつラーメン】

こってり、ハイカロリーなとんこつラーメンだが、とんこつの脂が糖質の吸収を抑えるため、血糖値の上昇を緩やかにしてくれる。とんこつから出たタンパク質やコラーゲンなどがしっかりとだしに溶け込んでいて、栄養価も高い。

「醤油は糖質が高く、その量はマヨネーズより多いんです。塩分でむくむこともあるので、醤油ラーメンには注意を」正解:とんこつラーメン

 

【カルボナーラvs.ペペロンチーノ】

カルボナーラは、生クリーム、卵、ベーコンなど、たっぷりの脂質とタンパク質が麺を覆っており、ペペロンチーノより糖質の吸収は緩やか。

「ペペロンチーノは糖質の吸収が早いんです。麺が油で覆われてはいますが、具が少ないので、糖質の高い麺ばかりを食べることになるからです」正解:カルボナーラ

 

【ビールvs.梅酒ロック】

「ビール腹」という言葉もあるだけに太りやすそうなビールだが、アルコール度数が低めなため消化されやすく、じつは太りにくいお酒。

「いっぽう、梅酒は非常に糖質の高いお酒です。氷砂糖やシロップが原料で、100mlに角砂糖が4〜5個入っていると考えていいでしょう。これは、同じ量のビールと比べておよそ6倍の糖質量。梅酒を飲みたいときは、お湯やソーダで薄めに割りましょう」正解:ビール

 

「自分が思っていたものとは逆だった!」という人も多いのでは?しかし、太りにくいといっても正解の食べ物を多食していいわけではない。ダイエットの息抜きに適量を取り入れて、ストレスなくキレイにヤセよう!