ドカ食いしがち「シンデレラタイプ」は“短期決戦”で痩せろ!

人づきあいや仕事、そしてダイエット……どれもがんばっているのにうまくいかないという経験はないだろうか? 特にダイエットは、あれこれ試しても続かない、もしくは結果が出ずに悩んでいる人が多いはず。

 

「それは、努力の方向が自分のキャラクターとずれていたからかもしれません」

 

そう話すのはひめまるさん。彼女が長年の人間観察に基づいて考案した「SM診断」は、考え方(価値観)や行動など、ふだんの生活における“クセ”から自分の性格タイプを探るというもの。「SM」というと“女王さまプレイ”のイメージが強いが、それはあくまでもセクシャリティな嗜好がクローズアップされたもので、ここでは、その人のコミュニケーション全般の傾向を指す。

 

「自分の性格や行動パターンがちゃんと把握できていれば、合う・合わないの判別や、自分が求める方法がおのずと見えてきます。つまり、なにごともスムーズに楽しく、しかも失敗なくやりとげられるというわけ。ダイエットも自分のタイプを見すえて行えば、つらく苦しいこともなく、確実に結果が得られますよ」

 

SM診断はまず、「自分の価値観を基準に物事を判断するS(サド)」と「相手の価値観を尊重して許容するM(マゾ)」タイプに分かれる。さらに「Sの中でも自分のこだわりを出す・出さない」「Mの中でも人は人、自分は自分と思えるかどうか」でそれぞれ4つのタイプに枝分かれする。

 

【かぐや姫タイプ】(自分の価値観や欲望によって行動、自分の価値観で判断する)

突然月から来て居座り、突然帰ってしまう……という、すさまじい行動力で、周囲を振り回す存在。自分の価値観・感覚絶対主義で、楽しいことが大好き。

 

【シンデレラタイプ】(自分の価値観で判断、自分の価値観や欲望は秘め相手に合わせる)

理想は人並み以上に高いものの、行動力が伴わず「つねに受け身」なタイプ。カンペキな王子さまがいつか現れると信じて、ただひたすら待つことに。

 

【白雪姫タイプ】(自分の価値観や欲望によって行動、相手の価値観を尊重・許容する)

小人たちと仲よくなって彼らの家に住むも、ダメだと言われたのに人を家に入れ、毒りんごを食べて昏睡。適応力はあるが、欲求に忠実すぎる性格。

 

【人魚姫タイプ】(相手の価値観を尊重・許容、自分の価値観や欲望は秘め相手に合わせる)

愛する王子のために声をなくし、人魚に戻るより泡になることを選んだ“やたらいい人”。献身的で母性が強く、尽くすことには相当な根性を発揮する。

 

「そこに“いい・悪い”はなく、まさに性格のクセ。自分が本来持ちあわせている気質と、環境が融合してつくりだされます。もちろん今後、環境が変わればタイプが変わることも。いずれにせよ、自分のタイプどおりに過ごせている人ほど幸福感も増すようです。ちなみに日本人のSタイプとMタイプの比率は6:4。女性はMタイプが多いといわれています。自分を見極め、回り道せずダイエットを成功させてください!」

 

ここでは、「シンデレラタイプ」のダイエット方法を伝授!

 

■「シンデレラタイプ」のキャラクター

 

誘いを断ると自分の評価が下がってしまうことを危惧して、気がのらなくても行事に参加してしまうケースが多い。そのぶん、「もとを取らなきゃ!」「あれこれ試してみたい!」という意識が異様に働き、目の前に並んだ料理すべてを味わいつくさずにはいられない。さらに、「食べだしたら止まらない」体質のため、お開きまでひたすら箸を動かし続け、結果、ものすごい量&カロリーを摂取することに。また、批判傾向が強く、家ではテレビのダイエット特集を見ながら「こんなんでやせるわけないじゃん」とつっこみつつ、「あー、やせたい」とつぶやきながら、寝っ転がってお菓子をむさぼるのがお約束。

 

■「シンデレラタイプ」のダイエット意識

 

「やせたい」気持ちは人一倍強いが、「明日から」を繰り返すため、ダイエット成功率の前にダイエット実行率そのものが低い。たとえ開始できても、最初だけ激しい生活を課してしまうためすぐに苦しくなり、隠れて食べたり、「今日は運動したからたくさん食べてもOK」「焼酎は糖質ゼロ」などと、なまじある知識を怪しい言いわけに変換することも多い。いつしか環境や人のせいにしてギブアップし、結局デブ生活に戻ってしまう……というダイエット劣等生。「まだ大丈夫」だと思っている自分の甘さから抜け出すには、客観的にガツンと指摘してくれる人や機会を設け、自分のデブさ加減を認めることから。

 

■「シンデレラタイプ」に向いているダイエット

 

このタイプは、志は高くとも実行に移すのが苦手で、ひとりだとスキあらば言いわけして逃げてしまいがち。それには、鬼コーチがぴったりついたプログラムに参加する(合宿タイプなら最高!)、ダイエットアプリで総合管理してもらうなど、半分「強制」で逃げられないダイエット法がおすすめ。そのくせ見えっ張りなので、まわりの人に知られずこっそり行えることも重要。ただし、長く続けると挫折しやすいため、いずれも短期勝負で。

 

■ダイエットに成功するために

 

おのれに甘く、都合のいいように解釈しがち。そんな自分をつねにいましめ、“言いわけできない”状況をつくっておくことが挫折を回避する最善策。たとえば、自分の水着写真やスリムな友人との集合写真を壁に貼るなどして、現実をとことん直視することで自分を追い込もう。やせたら、森ガール風のふんわりした洋服が似合う。