image

「食べた瞬間笑顔になってしまいます!」とは、ドラマ『dinner』(フジテレビ系・日曜21時~)に出演中の倉科カナ(25)の言。

 

『dinner』は、江口洋介(45)演じる変わり者の天才シェフ・江崎と、江崎が料理長を務めることになったレストラン・ロッカビアンカのスタッフの人間模様がおりなす群像劇。

 

ストーリーはもちろん、毎回登場する、生唾をのまずにはいられないおいしそうなイタリアンに“よだれが出ちゃう!”と評判だ。そこで、レストラン・ロッカビアンカの支配人役の倉科に、ドラマに登場したなかで実際に食べておいしかったお気に入りメニューを教えてもらった。(レシピ提供:エコール 辻 東京)

 

 

【ごぼうとささ身のまかないパスタ】

「5話に出てきました。ごぼう入りだということにも驚きましたし、ゆずの香りが効いていて、あまりの美味しさに先生にレシピを教えてもらいました」(倉科)

 

●材料(4人分)

スパゲッティーニ…320g

鶏のささ身…4本

ごぼう…150g

にんにく…1片

赤唐辛子…1本

アンチョビーフィレ…1枚(またはアンチョビーペースト…小さじ1)

白ワイン…50ml

チキンブイヨン…200ml

パルミジャーノ・レッジャーノ…30g

青ねぎ、柚子の皮…各適量

バター…30g

オリーブ油…適量

塩、こしょう…各適量

 

●作り方(4人分)

1、鶏のささ身は5㎜の薄切りにして塩、こしょうをする。ごぼうは斜めに薄切りにする。

 

2、フライパンにオリーブ油適量、たたきつぶしたにんにく、赤唐辛子を入れて弱火にかけ、香りと辛みを油に移して取り出す。

 

3、(1)のごぼうを加えて香りが出るまで炒め、(1)のささ身を加えて炒める。そこへアンチョビーのみじん切りを加えてさっと炒め、白ワインを加えてアルコール分を飛ばし、チキンブイヨンを加えて煮詰める。

 

4、スパゲッティーニをアル・デンテ(歯ごたえのある状態)にゆで、(3)に加えて和える。バターを加えてしっかりと混ぜ合わせ、火から外してすりおろしたパルミジャーノ・レッジャーノを加え、塩、こしょうで味を調える。

 

5、器に盛り付け、刻んだ青ねぎ、細長くすりおろした柚子の皮をふりかける。