百日咳や風疹のワクチンは打ち直し推奨…米国は大人も保険適用
画像を見る

「風疹や百日咳は子どもの病気だと思っていませんか。実は大人もかかるんです。原因は小さいころに打ったワクチンの効果が薄れることにあります」

 

こう話すのは、医療ガバナンス研究所の理事長で内科医の上昌広さん。小学生のころ、はんこ注射などの予防接種を受けた覚えのある人は多いだろう。でも、大人になってもう一度接種した人は少ないのではないだろうか。

 

「平均寿命がまだ短かった昭和の時代なら、子どものときだけでよかったかもしれませんが、長寿社会の現代では通用しません。年齢を重ねるごとに、帯状疱疹(水ぼうそう)や百日咳、破傷風の抗体は減少します。50代以降は感染症の種類によっては、予防接種を受けていない人もいて、より感染リスクは高い。だからこそ“大人の予防接種”が必要なのです」

 

そこで上先生に、50代以上こそワクチンを接種して予防したい感染症を教えてもらった。

 

■百日咳

 

「読んで字のごとく、約3カ月間、咳が続きます。国立感染症研究所(感染研)によると、’16年に感染した2,835人のうち25%は20歳以上。3週間咳が続いている人の約2割は百日咳が関与しているという報告もあります」

 

グローバル化した現代では海外からの持ち込みもあるという。

 

「世界全体の患者数は年間1,600万人。感染力も強く、流行するリスクはつねにあります」

 

ワクチンの効果は4〜12年で下がるといわれている。

 

「米国では成人にも接種が推奨されています」

 

■帯状疱疹

 

原因となるウイルスに初感染すると、全身に発疹が出る水ぼうそうになります。成人は子どもよりも重症化しやすく、髄膜炎や肺炎などを引き起こすこともある」

 

1度かかった大人は感染しないと思っている人は多いが……。

 

「ウイルスはずっと神経に潜んでいて、体内の抗体が減ると、再び暴れだし、激しい痛みをともなう帯状疱疹を引き起こします。抗ウイルス薬で治療しますが、痛みを抑えるのは難しい」

 

50代以上に多く、80歳までに3人に1人が経験するとされるが、ワクチンで予防できる。

 

「米国では有効なワクチンが開発されて、接種希望者が急増。品薄状態にまでなっています」

 

■ジフテリア

 

「鼻や耳などから感染した細菌の毒素が全身に回ると、心筋炎を発症することがあります。毎年の罹患者数は多くないですが、死亡率は約10%と、感染すると命に関わります」

 

年齢が上がると、ジフテリアに対する免疫力は下がりやすく、感染研の報告では40歳を境に、予防に十分な量の抗体を持つ人の割合を示す抗体保有率が低下する。

 

「米国では破傷風と同様、10年に1度の予防接種を推奨しています。40〜50歳をめどに検討してみましょう」

 

■風疹

 

「大人が発症しても症状は軽いですが、妊婦が感染すると、胎児に障害を引き起こすことがある。空気感染で、保菌者が少し離れた部屋にいてもうつります」

 

米国の研究では、定期接種を2回行った子どもでも、成人になる前にワクチンの効果が薄れることが報告されている。

 

「日本では30〜40代を中心に予防接種を受けていない人や1回のみの人がいます。今からでも遅くはないので、まずは不足分の接種をしてはどうでしょうか」

 

紹介した感染症の予防接種はすべて成人でも受けられる。しかし、費用は自己負担しなければならない。

 

「米国では成人も保険適用でほとんどのワクチンを接種できますが、日本はまだ、そこまで制度が充実していません。ただ、たとえばインフルエンザと3種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風)ワクチンを同時に打っても負担額は1万円程度。これで重篤な感染症を予防できると考えれば、高すぎるものではありません」

 

自分だけではなく、大切な家族への感染を防ぐためにも、予防接種を検討してみよう。

 

「女性自身」2020年2月18日号 掲載

関連カテゴリー: