デューク更家「STAY HOMEでも、簡単エクササイズで笑顔に」

「皆様いかがお過ごしですか? 『元気のパワースポット』と呼ばれる僕ですが(笑)、新型コロナウイルスの影響で家族が住むロンドンに帰ることができなくなり、大好きな飲み会も自粛中。想像以上にこのウイルスは手ごわいなあと思っているこのごろです」

 

そう話すのは、元気健康長寿を目指す「デュークウォーキング」を確立。最期まで自分の足で生きる人生のよろこび「ぴんしゃんウォーキング」や、歩くことで道徳を伝える「歩育(ほいく)」を提唱すべく、日本全国のみならず世界で活躍中のデューク更家さん。

 

まだまだ収束の兆しが見えないコロナ禍。感染による肺炎症状の恐ろしさと共に外に出られない、先が見えない状況が続くことで「コロナうつ」も増えている。

 

「でも、決して気落ちはしていません。そこで今回は、『STAY HOME』を守りながら、コロナうつを撃退するエクササイズを特別に考案しました!」

 

体が元気でないと、心もついていかないもの。「その中でも、僕は東洋医学でいう『気血水』を巡らせることが重要やと思います」とデュークさん。これらがきちんと体内を循環していれば「コロナうつ」が入り込む余地はなくなるという。

 

「今回のメソッドは姿勢の悪さや下半身の筋力の衰えなど、現代人や読者世代の皆様が潜在的に抱えている問題を解消します。さらに不安がもたらす息苦しさを解消して、停滞してしまった魂も、活性化! 手軽に実践してもらえるよう「時短」も念頭に置いていますので、お家にいる時間を楽しむ『もう一つの手段』としてぜひ取り入れてみてくださいね」

 

■魂(たま)ふりエクササイズ

 

「この“魂ふり”は、自身と大地のエネルギーをつなぐ“グラウンディング”とも呼ばれ、“深い安心感が得られる”と、世界中で実践されているんやで。それを時短でできて、下半身も強化できるように考案したのがこのエクササイズ。とにかく一気に“フン”と息を吐くのがポイント! マイナスのエネルギーを吐き出し、わずかな時間で、全身にパワーがみなぎるはずや!」

 

【1】両脚を肩幅より広く開き、左手を上にしておへそのあたりで両手を組む。

【2】息を吸いながら、両手を胸の位置まで引き上げる。

【3】自転車のタイヤに空気を入れる要領で、“フン”と息を吐き出しながら一気に両手と腰を落とす。ここで魂は大地とつながり、その雄大なエネルギーを得る。1〜3を10回。朝・晩1セットおこなう。

 

■最後に頑張るための合言葉を!

利き腕を高く上げ、天に向かって人さし指を突き出しながら元気よく「アチメオー!」と叫ぶ、エクササイズの前、または終わった後の挨拶として。

 

「こんな時期やから言霊も必要やと思います。そこで僕が考えたのがこの『アチメオー!』です。『アチメ』は古神道に則った言葉なのですが、祈りの力が増強するといわれています。人さし指を突き出すのは『頑張るぞ!』『乗り切りましょう!』という意味。魂ふりエクササイズとは反対に、天と通じるための合言葉。1日の始まりと終わりにおこなってもいいでしょう」

 

さまざまな情報が錯綜しているが、「マイナスなことばかりに目を向けないで、明るい話題を大切にしましょう」とデュークさん。

 

「長い闘いになると思うので、コロナを恐れてばかりいると疲弊してしまいます。元気に笑って過ごしていれば免疫力も落ちません。併せて今回のメニューも実践していただければ、運動不足も解消されて『気血水』がきちんと巡るようになるでしょう。重要なのは『用心しながら、楽しく過ごすこと』」

 

今はとにかく家にいながら、レッツ・エクササイズ!

 

「女性自身」2020年5月5日号 掲載

関連カテゴリー: