熱中症予防にも効果?キウイ+塩が「食べる点滴」といわれる理由

「私たちのカラダは春から初夏、夏へと少しずつ気温が高くなる中で、徐々に暑さに慣れていきます。でも、今年は、外出できるようになったときにはすでに気温が高くなっていたため、真夏の暑さにカラダがついていけない可能性があるのです。今年の夏は、例年以上に熱中症対策に気をつけてほしいですね」

 

こう語るのは管理栄養士の渥美まゆ美さん。今年は春から初夏までの「巣ごもり生活」の反動もあり「夏を満喫したい!」という人も多いはず。しかし、約3カ月の外出自粛の影響で、体のコンディションは例年以上に熱中症への注意が必要になっているかも。また、外出するときのマスク着用も熱中症のリスクを高めるといわれている。そこで、熱中症予防について渥美さんに聞いた。

 

こまめな水分補給が大切という認識は持っている人は多いだろうが、水分補給にも正しい水分補給と間違った水分補給があるという。

 

「水分補給は大切なのですが、じつは間違った熱中症対策をしている方も少なくないのです。喉が渇いたという感覚は、すでに脱水が始まっているサイン。なので、喉の渇きを自覚する前に、水分補給をすることが大切です。また、お茶やコーヒーなどのカフェインが含まれた飲み物ですと、水分補給になりません。むしろ、カフェインによる利尿作用で脱水症状になることもあるので、気をつけてくださいね」

 

お茶やコーヒーなどでは水分補給にならないとすると、やはり熱中症予防の水分補給は水がベスト?

 

「水は水分補給になりますが、じつは水だけ、というのも熱中症のリスクを高めます。汗をかくと体内からミネラルが失われます。その状態で水だけを飲むとますます体内のミネラルが不足して、その結果、熱中症につながるのです」

 

水分と一緒に汗で失われたミネラルの補給の方法について、渥美さんは次のように語る。

 

「水分は基本的には食事で補給をするのがおすすめです。1回の食事で500~700ml程度の水分を摂取できます。そのうえで、屋外での水分補給として、経口補水液や水を飲むとよいですね」

 

暑さで食欲がわかないときは、どうすればいいかも教えてもらった。

 

「食欲がない、というときでもせめて、ミネラルが豊富なフルーツや野菜を食べるようにしてください。とくに、おススメなのがキウイフルーツです。ビタミンCもたっぷり取れるので夏のお肌にうれしい果物なんですよ」

 

なぜ暑さで食が細くなりがちな夏場にはキウイフルーツがおすすめなのか?

 

「じつは、キウイはお塩をプラスすることで“食べる点滴”といわれるぐらいに、ミネラルが豊富なんですよ。キウイは『カリウム』『マグネシウム』『カルシウム』といった熱中症の予防に必要なミネラルと糖がバランスよく含まれています。ただ、ナトリウムの含有量はわずかなため、塩を足すことで「食べる点滴」になるのです。通常の食事でナトリウムはまかなえているので、プラスする塩の量はご自身の活動量や汗の量で加減をしてください。キウイはビタミンCや食物繊維も豊富なので、健康はもちろん美容にもおすすめのフルーツです」

 

「食べる点滴!」とは効果がありそう! でも、夏はどうしても冷蔵庫もいっぱいになりがち。フルーツを入れるスペースが……。

 

「その点でもキウイはとっても使いやすい果物なのです。じつは、冷凍庫で凍らせてフローズンキウイにすることで、皮がツルッとむけるのです。冷凍して常備しやすいフルーツなのです。凍らせることで水分が膨張して、酸味がマイルドになるというメリットも。また、半分にカットしてラップにくるんで冷凍しておくのもおすすめです。ラップのままの凍った状態でお弁当に入れれば、保冷剤兼デザートになります」

 

ツルッとむく方法も含め、渥美さんにフローズンキウイを使ったおすすめ、「キウイ塩飴」のレシピを教えてもらった。

 

■キウイ塩飴

 

<材料 2人分>

グリーンキウイ 1個
ゴールドキウイ 1個
塩 ひとつまみ
A[さとう 50g、水 大さじ1と1/2]

 

<作り方>

1. キウイは冷凍する。凍ったキウイを流水に30秒ほどさらし、ヘタを切り落として皮をむく。
2. 切れるくらいの固さになったら十字に包丁を入れて4等分にし、竹串を刺す。
3. フライパンにAを入れてよく混ぜ火にかける。途中混ぜずに泡が均一の大きさに沸騰しとろみがつくまで加熱する。
4. 2を3にくぐらせる。(フライパンを少し傾けると絡ませやすい。)仕上げに塩を軽くふる。
※キウイが冷凍されているので飴が一瞬で固まりすぐに食べられます。キウイのシャリシャリ感があるうちに食べるのがおすすめ

 

「お子様さまの部活動や、高齢のご家族の就寝中など、熱中症が心配になるシーンはたくさんありますよね。そんなときも、おやつや食事でキウイにお塩を少し足して食べておくと、熱中症予防に役立ちます」

 

例年以上に暑さ対策が求められる今年の夏。フローズンキウイを冷凍庫に常備して、おいしく元気に夏を乗り切ろう!

 

【渥美まゆ美さんプロフィール】

管理栄養士、フードコーディネーター、料理家、健康運動指導士。 出版、メディア出演、レシピ開発、レストランやコンビニのメニュー開発、企業向け健康セミナーの講師、高齢者向け介護予防教室など幅広く活躍中。

 

(レシピ監修:渥美まゆみ/調理・スタイリング:Vita)

 

キウイを使ったおいしくヘルシーなレシピをもっと知りたい方はこちら!
https://www.zespri.com/ja-JP/recipes

 

Promoted Content

関連カテゴリー:
関連タグ: