排便時の腹痛や便秘の原因“ねじれ腸”は、ラジオ体操で改善!
画像を見る

長引く巣ごもり生活で、慢性的な便秘に悩む人が増えている。

 

「便秘の原因は、運動不足や食生活の乱れのほかにも、自粛のストレスなどで自律神経のバランスが乱れて、正常な腸のぜん動運動が起こらないというストレス性のものもあります。今のコロナ禍は、便秘になりやすい条件がそろっていることが考えられます」

 

そう指摘するのは、国立病院機構久里浜医療センター内視鏡部長で『ねじれ腸 落下腸 滞った便がグイグイ出てくる快うんマッサージ』(主婦の友社)の著者の水上健先生。

 

水上先生は、国内外の医療現場で導入されている無麻酔大腸内視鏡挿入法「浸水法」を開発し、2万人以上の「大腸」を内視鏡で診てきた内視鏡のエキスパート。

 

欧米人の大腸は四角形をしているが、それに比べて日本人は途中でねじれる「ねじれ腸」や、真ん中が落ち込む「落下腸」など、腸の形がゆがんでいる人が多いという。その数は約8割も!

 

「まっすぐ伸びているはずの大腸がらせん状になったり、ねじれたりすると、途中で便がつまった便秘の状態になってしまいます。これまで検査した人のなかで、ねじれ腸、落下腸の人は8割います。いずれも日本人特有の状態で、親子、きょうだいで似ることも多く、生活習慣というより遺伝と考えられています。もともと腸がねじれているところに、長引く巣ごもり生活が重なっているので、より便秘になりやすい環境にあるということです」(水上先生、以下同)

 

まずは、自分が「ねじれ腸」にあてはまるかどうか次のチェックリストで確認しよう。

 

【自分でできる“ねじれ腸・落下腸”チェックリスト】

(1)子どものころから便秘だった
(2)腹痛を伴う便秘になったことがある
(3)便秘の後、下痢や軟便になったことがある
(4)運動量が減った途端、便秘になったことがある
(5)運動しても便秘が改善されない
(6)立ち上がると、あおむけのときと比べて下腹がぽっこり出る

 

判定:1〜4でYesが2つ以上なら「ねじれ腸」の可能性が高く、5、6でYesが1つ以上あると「落下腸」の可能性が高い。

 

次ページ >ラジオ体操の「ねじる動作」が便秘を改善

出典元:

「女性自身」2021年9月21日号,

【関連画像】

関連カテゴリー: