「嫌いなら無理して野菜を食べる必要はない」と医師

投稿日: 2013年10月28日 07:00 JST

「俺は野菜が嫌いなんじゃなくて、野菜を食べる意味がわからないんです。同じ食べるんだったら、野菜を食べるよりも、肉をかみちぎるのに労力を注ぎたい。だって、肉のほうが圧倒的にうまいじゃないですか!」

 

と話すのは、お笑いコンビ「インパルス」の堤下敦さん(36)。彼のように野菜を食べる意味がわからない、あるいはまったく野菜を食べない、といった、偏った食生活でも大丈夫なのだろうか?

 

「大丈夫です。第一、以前の日本人は、生野菜を食べる習慣なんてなかったんですから。無理に嫌いなものを食べるよりも、本能で食べたいものを食べるべきです」

 

そう語るのは、『不摂生なのに、なぜか「健康な人」の習慣』(PHP文庫)など、食にまつわる著書も多い、イシハラクリニック院長の石原結實(ゆうみ)先生。石原先生によると、そもそも動物は、好き嫌いがあるというのが当たり前なのだという。

 

「好き嫌いのない動物というのは、1種類もいません。あんなに大きな象やキリンでさえ、草しか食べない。ライオンに野菜や果物を食えといっても食べません。動物はみんな偏食なんです。バランスを考えて食べている動物なんて、人間だけです。そんな人間だけが、いろいろと病気をしているというのも事実なんです」(石原先生・以下同)

 

メジャーリーグで活躍するイチローや体操の内村航平選手、中田英寿、タイガー・ウッズなど、有名アスリートにもほとんど野菜を取らない人が何人もいるのも事実だ。

 

「もともと、人類は穀類と菜食の動物だったんですが、北に移住を進めるに従って食べ物がなくなり、肉食を始めるようになります。肉は体を温める作用があるためです。そして、その温まりすぎた体を冷やすため、食べるようになったのが生野菜なんです」

 

それでも、親としては子供に少しでも野菜を食べさせたいもの。そのためには、「子供の体温を上げること」と石原先生は提案する。

 

「体温の4割は筋肉から発生しますから、筋肉運動をしっかりすること。体温が高くなれば、自然と体が野菜を食べたくなります。でも、人間の動物としての本能は、もっと尊重してもいいと思います。何事にも無理は禁物。食べたいものを食べて、もっと本能で生きましょう」

 

そんな石原先生の言葉を証明するのが、前出の堤下さんだ。肉や炭水化物中心の生活に加え、酒もタバコも大好きだという、不摂生を絵に描いたような生活ぶりだが……。

 

「人間ドックで診てもらいましたが、36歳で血管年齢が20歳、尿酸値も正常、悪いところはどこもなしのパーフェクトボディでした。多少、コレステロールが高いくらい。俺は、野菜を食べないから太っているんじゃなくて、人の何倍も食べてるから太ってるだけなんです(笑)」

【関連記事】

子供の野菜嫌い克服法「絵本をきっかけに食べるように…」

3児の母・石黒彩 子供の野菜嫌い克服法「気長さが大事」
「“スマホに熱中”が健康面へ悪影響」と医師が語る理由

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

“好感度1位”俳優パク・ボゴム 謙虚すぎる受け答えにウットリ2017.12.05

最旬スターのインタビューをお届けするK☆STAR LOVERS。今回のゲストは、今、韓国で最も愛される俳優のパク・ボゴム(24)。'16年に韓国で放送され、最高視聴率25.3%を記録した時代劇『雲が描...


ランキング