にゃうにゃう猫生相談「ケージ飼いってどうなの?」

投稿日: 2015年12月07日 06:00 JST

image

楽しく、幸せなねことの暮らし。でも、不調やトラブルは突然やってくる。そこで、猫専門医の服部幸先生が、悩みをズバリ解決する「にゃうにゃう猫生相談」!今回も、悩めるねこからこんな相談が届いた……。

 

【Q】「はじめまして、僕は2歳のオスです。子ねこのときに飼い主さんの家に来たのですが、しばらくはケージの中で過ごしました。ケージの中は3段あって運動はできたけど、狭くて退屈でした。いまはおうちの中で自由にしていて、ケージはただ置いてあるだけです。ねこのなかには、ずっとケージで暮らしている子もいると聞きましたが、どちらのほうがいいのでしょうか?」

 

【A】「理由や意味もなくねこをケージで飼うのは賛成できません」(服部幸先生)

 

ねこをケージで飼うのは、狭すぎるため、あまりおすすめはできません。飼い主が外出するときだけ、仕事に行くときだけケージに入れる、という方もいらっしゃるそうですが、そもそもなぜケージに入れないといけないのか、を考えてみましょう。

 

たとえば留守中、何かを間違って食べたりしてしまうのが心配だというなら、まずものを片付ける。コードをかんでしまうねこだったら、かまないようにコードを保護するなど、ねこをケージに閉じ込めないですむ方法はいくらでもあります。

 

ただし、小さいお子さんがいる、ねこアレルギーを持っている人がいる、飲食店につながっている……など、どうしてもケージでの飼育が必要な場合もあります。

 

また、入院や災害が起きたときのことを考えて、ふだんからケージに慣れさせておく、というのは悪いことではありません。自由に出入りできるよう、扉を開けて部屋の隅に置いておくといいでしょう。ケージを、ねこの部屋と認識させるのもありだと思います。

 

理由や意味もなく「ねこはケージで飼うもの」という意見もあるようですが、あまり賛成できません。家具の配置を替えたり、壁紙を補強したりするなど、トラブルを起こさない環境を整えることが、ねこと暮らすうえでの第一歩だと思います。

特別MOOK『ねこ自身』にて愛猫写真を大募集!

‘15年12月28日発売の『ねこ自身』では、あなたが撮った“奇跡の猫さん”を募集しています。すべての猫好き参加型MOOKに、自慢の愛猫写真をぜひお送りください。

詳しくは特設ページを!>>

【関連記事】
『ねこ自身』では、あなたが撮った“奇跡の猫写真”を募集します!
猫の行動から地震を予知 専門家が最新研究を語る
精神科医が分析する”なぜかネコにだけ優しい人”の心理

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

CROSS GENEがそれぞれの”裏の顔”を暴く!「宇宙人」て誰?2016.07.26

6人組ボーイズグループCROSS GENEが、ファーストアルバム『YING YANG』をリリース。’13年に日本デビュー後、待望の日本オリジナルアルバムの発表にメンバーの喜びもひとしお。「まさに、僕た...