冷房で、糖質過多で“なんとなく不調”癒す「食薬」のすすめ
画像を見る

夏は、冷房にあたりすぎてだるくなる、顔に吹き出物がでるなど、病院に行くほどでもないが、“なんとなく不調”を訴える人は増えてくる。   「巣ごもり生活が長引いたことで、テークアウトのお弁当やパン、カップ麺などを食べる機会が増えたといった声をよく聞きます。暑い時期は、そうめんなど食事は簡単に済ませたいという人もいるでしょう。全体的に糖質過多の傾向です。...

出典元:

「女性自身」2021年7月20日号,

【関連画像】

関連カテゴリー:
関連タグ: