生理用品の生涯コスト45万円でもレジ袋は有料…広がる海外との差
画像を見る

スコットランドで、ナプキンやタンポンといった生理用品の無料提供を義務化する法案が可決された。各メディアによると、貧困対策として講じられ、学校などの公共施設において誰でも入手できるようになるという。

 

世界初の試みに、日本では《画期的》《素晴らしい》といった声が続々とあがっている。日本でも、女性の生理用品にかかるコストは軽視できないという。

 

「出産する子供の数が減っている現代の女性は、生涯における月経回数が約450回といいます。100年前に比べると約9~10倍です。毎月使用する生理用品の量に個人差はありますが、ひと月当たり約1000円かかると試算しても、一生で45万円かかることになります」(経済ジャーナリスト)

 

そんななか、日本では7月からプラスチック製買い物袋(レジ袋)が有料化となった。エコバッグの持参が浸透しつつあるが、有料でレジ袋を購入するとプラスアルファの支出となる。

 

「従来は生理用品を購入すると、黒やグレーの色付きの袋に入れてもらうことがスタンダードでした。ですが現在は2円~5円かかります。目隠し用の紙袋でさえ、有料化となっている店も増えています。そのためエコバッグを透けないものにするなど、工夫を凝らしている女性もいるようです」(社会部記者)

 

次ページ >「堂々としたパッケージを買うのが恥ずかしい」

関連カテゴリー:
関連タグ: