花粉症対策の食材「すりつぶしたいちごが最強」と専門家

投稿日: 2013年02月21日 07:00 JST

昨年、北九州工業高等専門学校の川原浩治教授(細胞工学)が、いちごに花粉症などのアレルギー症状を抑える成分が含まれていることを突き止めた。川原教授は、国際特許も出願。国際バイオ展示会でも発表したとのこと。

 

実験では、人間の血液から採取した細胞の培養液にスギ花粉を入れ、花粉症を発症したモデルとなるヒト細胞を作製し、にんじんや玉ねぎなど約190種類の食品でサンプルが取られたという。

その結果、すりつぶしたいちごから抽出した液を加えると、アレルギーの引き金となるIgE抗体が減少。分析の結果、いちごの成分であるGAPDH(グリセルアルデヒド3-リン酸デヒドロゲナーゼ)という酵素が作用していることが解明されたのだ。

 

品種によって抑制効果に違いがあることもわかった。『とよのか』ではIgE抗体の量が22.3%、『あまおう』は16.7%が減少。マウス実験では、アトピー性皮膚炎や鼻炎の症状が1週間過ぎてから改善したそうだ。ただ、マウスに与えた量は体重60キロのヒトに換算すると、1日にとよのか(1個15gとして)20個を1週間以上食べ続けたことになる。

 

5年前から花粉症に悩む宮川裕子さんは、いちごでの花粉対策を試した結果を次のように話す。

 

「すりつぶすということなので、いちごをミキサーにかけてジュースにしました。さらに、花粉症にいいヨーグルトを合わせて最強の内容に。朝晩、このジュースを7日間続けました。いまのところ、鼻水、鼻づまりも出ず、いい感じ。生のいちごをそのまま毎日とるのは大変ですが、ジュースにすればとても簡単。今年はこれで乗り切れるかも!?」

【関連記事】
デトックスに風邪予防…話題の「フルーツ鍋」の効能
ストレスに紫外線…生える場所で予測「白髪の発生原因」
首にねぎ、卵酒…実は間違っていた「日本の風邪民間療法」

この記事が気に入ったら
いいね!/ フォロ− しよう

WEB女性自身の最新の情報をお届けします。

あなたにオススメ

【注目アイテム】
「メスを使わない美容整形」コルギのパワーを自宅で!!
ジェニファー・ロペス、カイリー・ミノーグが「約20歳年下彼氏」を手に入れたワケ!
45歳、奇跡の美乳・原志保さんのボディを作るヒミツのグッズ公開!!
着るだけで、エステの効果がインナーに!!
可愛い47歳! 元CA佐藤亮子さんの大人気トラベルブランド

コラム・連載

もっと見る

女性自身チャンネル

もっと見る

【独占】MAP6が満を持して日本デビュー!“魅力発散”の瞬間2016.08.23

セクシーコンセプトで人気を博し、ヒット曲を連発している大人気K-POPガールズグループGirl’s Dayの弟分・MAP6(マップシックス)が8月17日にシングル『魅力発散TIME JPN ver.』...