「意地でもキレイになって、周りを安心させたかった」と話すのは、元激太りアイドルの小阪由佳(27)。マイナス23キロのダイエットに成功し、自身の体験を綴った告白本『失格アイドル』(講談社)を昨年末に出版した。

 

 突然の芸能界引退後、知人の勧めで“激太りアイドル“を目指した小阪。

 

「当時は何でもいいから目標が欲しかったんです。気持ち悪くなるくらい、とにかく何でも食べて太りました」

 

 そんな彼女が、本の出版を機にダイエットに挑戦し、美容アドバイザーに転身! 23キロ減の成功の秘訣を聞いた。

 

★ まずは便秘を解消!

「私はグラビア時代から太りやすい体質だったので当時はほとんど何も食べていなかったんです。それでも全然痩せなくて、ストレスで太ったり。しかも、ひどい便秘でした。だからまず始めに、酵素ドリンクで腸内環境を整えて便秘にならない体質に改善しました」

 

★ 生野菜を摂ろう!

「火を通すとコンソメを入れたりとか、いろいろ味付けしたくなって結果、高カロリーになりがち。火を通すと酵素や栄養素が壊れることも…。だからまず、生をおすすめします。便秘にも効くし、低カロリーだから排出することで自然と痩せられるんです」

 

★ドレッシングは手作りで!

「低カロリーだからって、たとえば毎日『青じそ味』じゃ飽きちゃいますよね。大事なのは『嫌にならないようにする』こと。私はオリーブオイルに塩とレモンを入れてミキサーで白くなるまでかき混ぜたり、キュウリをすりおろしてごま油で和えたり自分好みに作っちゃいます」

 

★大根おろしは“万能薬”!

「消化酵素が入っているから便秘解消にもいいんです。私は結構何にでもかけちゃいますね。親子丼とかにもブワーって(笑)。味がさっぱりしてて、大抵のものには合うし、おなかに溜まるから満足感アップします」

 

★「半分」をキーワードに!

「食べたい欲求を全部我慢するのは嫌だから、ちょっとだけ我慢することにしました。カロリーの高そうなものは丸々でなく、半分だけ食べる。ポテトチップスだったら1袋じゃなくて半分。ハンバーガーも友達と半分こにするとか。半分にすればお金も半分で節約もできますし(笑)」

 

小阪流再生ダイエットで、無理せず食べて奇跡の美ボディを目指そう。