「食べることが私の仕事ですから、食事は基本的に外食。1日に4軒以上ハシゴすることもありますし、摂取量が3千キロカロリーを超えることもしばしばです。でも、出された食事は残さず完食するようにしています。だから、食事制限なんて不可能です!」

image

と語るのは、1級フードアナリストの雅珠香さん(32)だ。「食の情報の専門家」と呼ばれるこの資格を持つ彼女は、石川県金沢市を中心に新聞や雑誌でコラムを執筆。その下調のため、年間600軒以上も食べ歩きをしているという。だが、雅珠香さんの体形は驚くほどスレンダー。モデルを務めた経験もある彼女だが、体重もほとんど変化していないのだ!

 

「今日の体重は48キロちょうど。身長は167.5センチで体脂肪率は16パーセント未満です。よく周りから『どうやって体重を維持しているんですか?』と聞かれます。これまでいろんなダイエット法を試してきましたが、急激に落とす方法は性に合っていなくて……。でも継続するのは得意なので、日々の生活の合間にできる方法で落とすことを考えました」

 

そんな雅珠香さんがたどり着いたのが、6つの方法だ。

 

●1日3回以上体重計に乗る

朝、夕食の前、寝る前の3回はもちろん、多ければ多いほど効果アリ! 

●あえて体重を公表する

ブログで公開、異性に報告するのも有効。手帳に記録することも大切!

●ウエストひねりを500回

寝る前に体重が増えていたら実践。両手を肩のラインより落とさない!

●いつも腹筋に力を入れておく

歩いているときも座っているときも、常に腹筋に力を入れておくこと! 

●移動の際はできる限り徒歩で

車や電車を使わず、徒歩で。目標は1日約1万歩、距離にして7km!

●料理の際は酒粕を有効活用

脂を体外に排出する効果もあり、アミノ酸も豊富なのでお肌にも最適!

 

たしかに彼女が言うように、どれも生活の合間にできる簡単なものばかりだ。

 

「いちばん大切なのが、体重計に乗ること(笑)。そうしていれば、少し体重が増えただけでも気づきますから。大幅に増えてしまった体重を落とすのはかなり努力が必要ですが、少しだけならその日のうちにカバーできる。つまり、早めのケアが可能なんです!」

関連タグ: