「日本では江戸時代の儒学者、貝原益軒が養生訓として食べ合わせに触れています。ウナギと梅干しなどは、この養生訓をもとに、当時の健康を体と心の両面から考察していたものだと考えられます。けれども、現代の医学や科学的根拠には乏しいものがあり、誤った常識として信じられているものが少なくないのです。今では、食品に含まれる栄養についてさまざまなことがわかってきています」  ...

関連カテゴリー: